豊胸手術の方法とコスト

豊胸手術で胸を大きくすることによって、コンプレックスを解消して自信を取り戻すことができる場合があります。
しかし、いざ受けるとなると不安になることや心配になることがあると思います。

豊胸手術には、人工乳腺法や脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法など様々な種類がありますが、術法の安全性や持続性、費用などを比較して自分に合った術法を選びましょう。

知識が少なければ自分で決めることが難しいこともありますので、美容外科の医師やスタッフに相談しじっくりカウンセリングを受けて選択すると良いでしょう。

患者の体に合わせたオーダーメイドデザイン豊胸

豊胸法にはいろいろな手法があります。有名なものとしてシリコンバッグをいれるものがあり、脂肪を注入するもの、ヒアルロン酸を注入するものなどがあります。

最近ではヒアルロン酸を注入する手法のようにメスを使わない豊胸もあります。豊胸手術の方法により費用も異なります。詳しくは美容外科医にお問合せ下さい。

再手術が必要ない豊胸

過去に受けた豊胸手術を元の状態に戻したいという場合には、再手術が必要となってしまう場合もあります。しかしながら、一度受けた豊胸が嫌になってしまった時でも再手術が必要ない豊胸もあります。

豊胸の中には、時間が経つと自然に体に吸収されてしまい、だんだん効果が薄れてしまう豊胸もあります。試しに、胸を大きくしてみたいという人におすすめです。今は胸を大きくしたいが、将来は考え方が変わる可能性があるという人にもいいかと思われます。

何度も手術を受けるというのは本人にとってかなり大変な事だと思われますので、より気軽にサイズアップした自分のスタイルを楽しむ事ができるのではないかと思われます。

マーメイドバッグを使用した豊胸と美容整形

マーメイドバッグは、豊胸手術を検討している若い女性にとって、興味深いアイテムのひとつとして親しまれています。 特に、美容整形を成功させるためには、優秀な医師が在籍しているクリニックにおいて、念入りに話し合いをすることがおすすめです。

そうした中、マーメイドバッグなどの安全性の優れている素材を活用しながら、豊胸手術を進めることがとても肝心です。 その他、美容整形の失敗のリスクを低くするためには、実に様々な方法がありますが、カウンセリングの際に担当の美容外科の専門医と打ち合わせをすることがポイントとして挙げられます。

vaser併用脂肪注入手豊胸手術法

女性らしいボディラインは憧れです。「このお腹のお肉が胸に行けばいいのに…」と考えたことがある女性も多いでしょう。ベイサー併用脂肪注入豊胸術では、そんな女性の望みを叶えたような豊胸手術が可能になります。

脂肪吸引装置であるvaser(ベイサー)を利用していらない場所の肪細胞を採取し、自分自身の胸に注入するという、前述の夢そのままの方法です。脂肪吸引の他お肌の引き締め効果もあるので「吸引後に余った皮膚がたるむのでは」という心配もありません。一度施術すれば半永久的に効果が持続するのでコンプレックスも解消されるでしょう。気になる方はまず医者に相談してみることをお勧めします。

vaserで吸引した脂肪を使って出来る豊胸手術

痩身と豊胸手術を一度に行いたい人は、vaserで吸引した脂肪をバストに注入する方法を選択するようにしてください。vaserという脂肪吸引装置を使うと、ウエストや太もも、ふくらはぎなどの不要な脂肪が付いている箇所から、脂肪細胞を採取することが出来ます。

自分自身から採取された、質の高い脂肪のみを、バストに注入するので安全には何の問題もありません。吸引された脂肪はなめらかで、不純物がほとんどないので、定着率も高く、自然な仕上がりになります。本物そっくりで柔らかい、ボリュームのあるバストになれるので、サイズアップしてコンプレックスをなくしたいときは豊胸手術を受けましょう。

vaserによる豊胸手術

豊胸手術の中でも、とても自然な仕上がりになる事で人気となっているのが、体の不要な脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入していく脂肪注入法です。この施術を行う時に欠かせない脂肪吸引を行うマシンのひとつが、vaserです。

超音波によって脂肪をほぐしながら吸引をしていくマシンで、体への負担が少ない状態での施術が可能となっています。勿論、体への負担が全く無いという訳ではない上、施術後は内出血等が起きる事になりますが、それでも少しでも体に負担が少ない状態で豊胸手術を受けたいのであれば、vaserによる脂肪吸引がおすすめです。

豊胸手術・脂肪吸引に関する記事