進化を続けている脂肪吸引

興味を持っている人でないと脂肪吸引がどの様に進化したのかという事は知らない人も多いでしょう。

しかし、同じ脂肪吸引でも以前に比べるとかなり進歩しました。

以前であれば先端に刃がついたカニューレで脂肪を砕いて吸引していました。そうするといろんな所に傷が付いてしまう事もあります。場合によっては神経に刃が当たってしまい損傷する事もある様です。

現在では刃がついていないカニューレを使用するのが一般的の様です。
そのままでは脂肪吸引が行いにくいので周辺の温度を高めて溶かしてから吸引を行ったり、超音波で乳化させてから吸引するなど、これらはなるべく脂肪以外を傷付ける事がない様に工夫されています。

意思疎通が大事な脂肪吸引

患者は医師に対して脂肪吸引を行う際に、細かい希望を伝える必要がありますし、また医師の方からも患者に対して説明が行われるかと思われます。そのため、脂肪吸引において、医師疎通はとても大事だと思われます。

脂肪吸引のカウンセリングにおいて何かお互いに話が通じていない様だと感じる様な事があった場合には、再確認する様にしましょう。きっと大丈夫だろうと思っていい加減なまま脂肪吸引を受けてしまうと、自分の希望とは異なる手術となってしまう恐れも考えられます。脂肪吸引を受けるのであれば意思疎通がしっかりとできている状態が前提となります。不明点は更に詳しくつっこんで聞くなどの対応が必要でしょう。

取り残しとなるケースもある脂肪吸引

利用した人が、脂肪吸引で満足できなかったという場合の一つに取り残しがあるという事が考えられます。しかし、脂肪吸引においては取り残しとは反対に、脂肪を取りすぎてしまうという失敗もある様ですので、注意する必要があります。

脂肪吸引では適度に脂肪を取るという事が求められます。脂肪吸引の手術を行うからには、しっかりと脂肪を取ってほしいという人もいる様ですが、その通りに脂肪吸引を行ってしまうと、時としてそれが失敗を招いてしまうという事も考えられます。また、脂肪を多く取りすぎてしまった場合には、どうする事もできませんので、最初によく考えた上で手術を受ける必要があるかと思われます。

美容外科で行う脂肪吸引のモニターについて

美容外科では脂肪吸引のモニターを募集している場合があります。契約を行うと、症例写真として、施術前と後の状態の写真を提供したり、美容外科がおすすめする施術方法で行うなど、幾つかの条件がありますが、その分低価格で治療を受けることができます。

通常料金の30パーセントから50パーセント割引で受けられるのが一般的です。美容外科医は、基本的に500例以上の脂肪吸引症例を経験する必要があるため、医師の経験を重ねる1つの手段としてもモニターのシステムが存在しているところがあります。担当医の技術力を確認してから治療にのぞむことをおすすめします。

超音波を活用したvaser脂肪吸引で理想の体型へと変身

着たい洋服があっても、知らず知らずのうちについた贅肉を気にして好きなファッションを楽しめないと悩みを抱えている人もいることでしょう。近年注目されているのが、vaser脂肪吸引です。ベイザー波という超音波を出す器具を用いて脂肪細胞に働きかけ、効率的な吸引を実現可能としています。

従来の脂肪吸引は術後の痛みや腫れ、たるみなどの欠点が問題となっていましたが、ベイザー波は血管などの脂肪周辺組織に影響を及ぼしにくく、引き締め効果があるとも言われています。そのため、仕事が忙しく長期休暇を取ることが難しい人もダウンタイムを気にせず受けられます。

vaser脂肪吸引による美容整形の概要

vaser脂肪吸引による美容整形をすると、二の腕や太ももなどの脂肪やセルライトを除去することができます。脂肪そのものを除去するため、確実に部分痩せをすることができ、手術直後からダイエット効果を発揮します。

脂肪そのものが無くなるため、リバウンドしないダイエットが可能になります。vaser脂肪吸引は従来の方法よりも出血が少なく、ダウンタイムが短いことが特徴で、手術時間も大幅に短縮されています。皮下脂肪の9割を根こそぎ除去することができるので、従来の方法よりも優れた痩身効果が得られます。肌の引き締め効果もあるため、手術後に肌がたるむ心配はありません。

豊胸手術・脂肪吸引に関する記事