1日でスリムになる脂肪吸引

脂肪吸引で痩せたらミニスカートやショートパンツを履いてスタイルを見せたい!と思われている方もいるでしょう。

理想のスタイルを手に入れる為には、ダイエットや食事制限などの努力が必要になります。
時には、あまりの辛さに断念してしまう人もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが脂肪吸引です。

脂肪吸引は減らしたい脂肪を器具を使って取り出すので、手術を受ければ1日でスリムになることができます。しかし、体にも経済的にも負担がかかりますので、医師と入念にカウンセリングをしてから行いましょう。

計画を立てたい脂肪吸引

どうしても脂肪吸引を受けるとなると、何度も通院するという事が必要になってきます。ですので、十分な時間がない場合にこそ、しっかりと計画を立てた上で脂肪吸引を受けるという事が大事かと思います。

脂肪吸引を受けた後に予定を詰め込みすぎてしまうと、通院もできなくなってしまう事が予想されますので注意が必要です。また、脂肪吸引については通院の回数は予定より増えてしまう可能性もありますので、余裕をもって計画を立てる事が必要となるでしょう。脂肪吸引を受けるに当たり、しっかりと時間を空けておく事によって、無事に美容外科に行く事ができるでしょう。きれいになるのが楽しみに感じられるでしょう。

美容外科で行う脂肪吸引は術後のアフターケアが大切

お腹やウエスト、太ももなどの脂肪が気になるけれど、運動や食事制限などのダイエットで、狙った箇所だけを細くするのは難しいので、美容外科で脂肪吸引手術を受けることをおすすめします。

痩せたいところだけを確実に細くしたいときに、これほど良い方法はありませんが、アフターケアが整ったところに行かないと、術後にトラブルがあったときに困るので、料金が安いなどの理由で適当に選ぶのはやめましょう。

痛みや内出血、炎症、かゆみなどがいつまでも治まらなかったり、切開した傷跡から感染したり、内臓を損傷するケースもあるので、美容外科で脂肪吸引を受けるときは、術後のアフターケアが整ったところを選ぶことが大切です。

美容外科でふくらはぎの脂肪吸引の効果とは

食事制限や運動などで体重を落とすことはできますが、二の腕や太股、ふくらはぎなどの脂肪は、自分ではなかなか落とすことができません。 美容外科で行っている脂肪吸引は、そういた部分痩せが難しいふくらはぎなどを細くすることができる痩身法です。 大阪で人気の脂肪吸引は、ベイザー脂肪吸引というもので、ベイザー波という特殊な超音波を使用して、脂肪を溶かし、溶かした脂肪をカニューレで吸引していくというものです。 ベイザー波を使ったこの方法は、ダウンタイムが軽く、脂肪をたくさんとることができる、手術後にたるまないといったメリットがあります。

通常の吸引法と比べると、組織の損傷が少ないため、腫れやあざが少なく、ダウンタイムが軽いといわれています。また、9割の脂肪をとることができ、痛みも少ないという違いがあります。 ただ、医師の技術が必要となる手術ですから、失敗しないためにも、経験豊富な医師がいるクリニックを選ぶことが大切です。 ベイザー法でとった脂肪をバストに注入する豊胸手術にも使用できます。ほかの吸引法よりも不純物がきわめて少ないため、胸への定着率も高く、柔らかで自然なボリュームを出すことができるので、おすすめです。

vaserで脂肪吸引

気になるタルタルの二の腕や太もも、フェイスラインなどの顔について解消するなら、vaser脂肪吸引がオススメです。皮膚組織や血管に負担が少なくすみ、従来の方法と比べて価格がリーズナブルで済んで、施術時間が短く肌を引き締める効果がついているので、吸引したあとも、皮膚がたるみにくくなります。

vaserは脂肪細胞のみベイザー波で溶かすので術後の回復が早く、むくみや周辺の血管や組織に影響は少なくすみます。施術時間は30分から一時間程度で、晴れも少なく効果は半永久的に持続します。術後の飲食制限はありません。

敷居が低く効果が高い脂肪吸引のvaser

脂肪吸引の最新の方法であるvaserは、脂肪の吸引量が多く人気の高い施術法としても知られています。特徴として、まずは短時間で施術が完了することが挙げられます。脂肪を柔らかくして吸引する施術のため、部位によっては非常に短い時間で終えることが可能です。

次に、ダウンタイムが短いことも大きな特徴です。脂肪細胞にのみ反応するベイザー波を用いるため、血管や神経などの組織を傷つけることがありません。そのため、痛みはもちろん出血、腫れなども最小限まで抑えた施術を実現しています。日常への復帰も早くおこなえるので、ストレスも少ないです。

豊胸手術・脂肪吸引に関する記事